TOPスタッフ募集プライバシーポリシー
ラベリング制度
平成22年1月以降、「消費者が交換用としてタイヤ販売店等で購入する乗用車用夏用タイヤ」に関して、転がり抵抗性能とウェットグリップ性能の両性能をグレーディングシステム(等級制度)に基づいてわかりやすく表示することになりました。
タイヤ&ホイールの
メインページへ
▼ラベリング制度

ラベリング(表示方法)制度について
平成22年1月以降、「消費者が交換用としてタイヤ販売店等で購入する乗用車用夏用タイヤ」に関して、転がり抵抗性能とウェットグリップ性能の両性能をグレーディングシステム(等級制度)に基づいてわかりやすく表示することになりました。つまり「各タイヤメーカーの製品に共通の指標ができたので公正に比較しやすくなった」ことになります。

■グレーディングシステム(等級制度)


転がり抵抗性能の等級がA以上で、
ウェットグリップ性能の等級がa~dの範囲内にあるタイヤを
「低燃費タイヤ」と定義し、統一マークを表記しています。

←低燃費タイヤ統一マーク

■ラベル表示例とその見方

転がり抵抗性能
低いほどエネルギーロスが少なく、
燃費が向上します。
ウェットグリップ性能
路面が濡れた状態でのグリップ力を
あらわします。
低燃費タイヤの場合
低燃費タイヤでない場合
この表示のあるタイヤは、転がり抵抗性能がAAグレード・ウェットグリップ性能がcグレードであり、さらに低燃費タイヤであることを示します。
この表示のあるタイヤは、転がり抵抗性能がBグレード・ウェットグリップ性能がbグレードであることを示します(低燃費タイヤではありません)。

現在、店舗にある乗用車用夏用タイヤ(ラジアルタイヤ)にはそれぞれ上記の表記がされています。
ご購入の際には、是非これらの項目も注意してみてください。

(社)日本自動車タイヤ協会 >>> http://www.jatma.or.jp/